離婚は女にとって「傷」ではないという実感

恋と生活は水と油でなかなか両立しない

離婚した母たちの本音とは?
5年ぶりのエッセイ『ここからは、オトナのはなし』を上梓した作家のLiLyさん、『家族無計画』『りこんのこども』などの著書が注目を集めるエッセイストの紫原明子さん。同世代で離婚歴のあるママ、という共通項のあるおふたりに、結婚のこと、子育てのこと、新しい家族のかたちのこと……を語っていただきました。聞いてみないと知らないことばかりの生活です。

離婚は「傷」ではないという実感

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

紫原:『ここからは、オトナのはなし』、拝読しました。家庭環境や経験は私とLiLyさんとで全然違うけど、このエッセイに書いてあることは、すごくよくわかるなって思いました。母親になると「母親は、こうでなくてはいけない」とコンサバな考え方にとらわれる、とか。

LiLy:ありがとうございます。お互いに同年代で、ママで、離婚も経験したうえで、「フツウの結婚/フツウの家族というかたち」に疑問を持っていて。実は、家入さんと先に知り合って、その流れでデビュー前の明子さんの文章を読んだのが最初だったんです。ものすごく文才があって面白くって、衝撃を受けて、書籍化すべきですこれは、と家入さんに連絡しました(笑)。

紫原:ははは(笑)!

LiLy:と、同時に、とても自由な家入さんが「夫」って、たいへんだろうなと他人ながら思っていました(笑)。というか、ご本人にもツイッターでそのむねをリプしたことすらあります。そしたら「確かに!」というような返事をご本人からもらって、あぁ、やはり家入さんは自由人でありながらも、本当に憎めない素敵人間だなぁ、と(笑)

紫原:わかります(笑)。彼は根っから自由な人ですからね。

LiLy:家入さんの、家庭という箱に収まらない自由な感じが、当時結婚していて育児と仕事の往復に全力だった頃の私には、なんでだか、やけに気になったんですね。今振り返ると、同族嫌悪的な感情だったんじゃないかって。私自身が、「結婚」という枠におさまることができないタイプだったんだなと、今改めて思っているので。

次ページシングルマザーは思いのほかモテる
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
本気になった富士フイルム<br>不正会計を機に大手術

「経営者に大事なことは、ピンチをチャンスに変えること」と語る古森重隆会長。富士ゼロックス海外子会社の不正会計発覚後、親会社の富士フイルムHDは関与を強め、出直しを図る。