ここまでやれる!リノベ―ション最新事情

リノベ・オブ・ザ・イヤー 2016に見る

●部門別最優秀作品賞〈800万円以上部門〉
三角屋根のブロック造の家
 / 株式会社スロウル

小屋裏をあらわしにした、ダイナミックな吹き抜け空間が快適そう(画像提供/株式会社スロウル)

北海道遺産ともいえる貴重な姿を生かしつつ

昭和28年制定「北海道防寒住宅建設等促進法」を具現化した、補強コンクリートブロック造の家。北海道遺産ともいえる貴重な姿を活かしつつ、結露、狭さ、古さなどを克服するリノベを敢行。外断熱に変更し高断熱サッシに交換することで断熱性能を高め、ブロック壁、鉄骨梁、小屋裏などをあらわしにすることで居住性を高めています。

その土地で培われたものを活かしている点、中古住宅の弱点である省エネ性に挑んでいる点で評価されました。

(エリア:北海道、築年数:43年、施工面積:88.30㎡、費用:2600万円、対象物件:一戸建て)

次ページ「豊島区リノベーションまちづくり構想」の第1号物件
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
発電所のアキレス腱<br>盲点の火山灰リスク

「電力の大問題」最終回は火山灰がテーマ。地震や津波と比べて、社会インフラへの影響は見過ごされがちだったが、発電設備への被害が予想外に大きくなる可能性がわかった。