ここまでやれる!リノベ―ション最新事情

リノベ・オブ・ザ・イヤー 2016に見る

部門別最優秀作品賞〈500万円未満部門〉
「ただいま」より、「いらっしゃい」が似合うカフェ部屋ライフ。
 / REISM株式会社

古木材、打放しのコンクリート、黒のアイアンなど無骨さのある素材遣いは賃貸とは思えない雰囲気(画像提供/REIZM株式会社)

こだわりの愛着空間に

寝室部分が五角形という活用しづらい間取りの賃貸物件。工事現場の足場板をリサイクル活用した床や、ウッディなカウンターなど、ヴィンテージ感漂うこだわりの愛着空間に仕上がっています。

「トレンド的な素材遣いに度胸の良さを感じた。完成度の高さがある」「洗練された賃貸としてやりきった感があって、好印象」といった点で評価を受けました。(エリア:東京都、築年数:18年、施工面積:33.47㎡、費用:420万円、対象物件:マンション)

次ページ住宅性能を向上させるリノベ
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
本気になった富士フイルム<br>不正会計を機に大手術

「経営者に大事なことは、ピンチをチャンスに変えること」と語る古森重隆会長。富士ゼロックス海外子会社の不正会計発覚後、親会社の富士フイルムHDは関与を強め、出直しを図る。