「トランプを当選させた女性」のヤバい存在感

トランプの懐刀、コンウェイ氏の実力は?

政治に関心を持ったのは1984年の高校生の頃。民主党下院議員でイタリア系のジェラルディン・フェラーロ氏が初めての女性副大統領候補になったときだ。だが、この選挙で再選された共和党のロナルド・レーガン大統領の演説を聞いて共和党派に。「レーガンの言葉は胸に響いた。私は気持ちが高まるような、野心的でタフガイ的なものが好き」と彼女は語っている。

高校生時代には、地元の農場によってブルーベリー・プリンセスに選ばれ、またその後もブルーベリーのパッキング・コンテストで優勝を果たしている。大学は首都ワシントンDCのトリニティー・カレッジで政治学を専攻後、英オックスフォード大学へ進み、米ジョージ・ワシントン大学院で法律を専攻。在学中からレーガン大統領の世論調査事務所で働き、卒業後も弁護士や裁判の世界ではなく、世論調査を仕事に選んだ。

「ゴルフもしないし、愛人もいない」

自身の世論調査会社を設立したのは1995年、28歳のときだ。ここから、共和党議員や有名ブランドのための仕事を行うようになる。その後の活躍と上昇ぶりは先に挙げたとおりだ。

トランプ氏はコンウェイ氏について、「私の使命をたゆみなく粘り強く擁護し、われわれのメッセージをどう効果的に伝えるかについてすばらしい洞察を持っている」と評価する。実際、コンウェイ氏がテレビ番組などで話す様子を見ると、理路整然と相手に説明するというよりは、強引に言い負かすところが実にトランプ流だ。

ホワイトハウスでの大統領顧問という役割は、大局から大統領にアドバイスし、広く社会にコミュニケーションを図るものと言われる。ただ、トランプ氏は選挙活動中もチーム内部で競わせるような環境を作っており、ホワイトハウスでも主席補佐官のラインス・プリーバス、上記のバノン氏、そしてコンウェイ氏と、異なったアドバイザーがトランプ氏の耳へささやく構図となる。

コンウェイ氏は4人の子持ちで、1月20日のトランプ大統領就任式当日は50歳の誕生日を迎える。彼女は言う。「フルタイムで母親もやっているが、ゴルフもしないし愛人もいない。だから男性よりも時間がある」。女性としてホワイトハウスで最高の地位につくコンウェイ氏が、どう頭角を見せるかに注目が集まる。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ゲーム大会がカネを生む<br>勃興するeスポーツ産業

ゲーム対戦を巨大スクリーンやネット配信で観戦するeスポーツ。近年、人気が高まり、2020年には世界で約1600億円市場に。東大卒「ときど」にプロゲーマーを選んだ理由を聞く。