「毛沢東に反対する者は誰であれ人民の敵だ」

中国の大学教授、微博で毛沢東を批判し解雇

 1月10日、中国中部にある山東建築大学の美術の教授(62)が、毛沢東を批判するコメントをオンラインに投稿し、左派の怒りを買うなどして解雇された。写真は北京で2012年11月撮影(2017年 ロイター/David Gray)

[北京 10日 ロイター] - 中国中部にある山東建築大学の美術の教授(62)が、毛沢東を批判するコメントをオンラインに投稿し、左派の怒りを買うなどして解雇された。

毛沢東は1976年9月9日に死亡。近代中国の創設者として共産党から崇拝されているほか、過去30年の改革・開放により中国が過度に資本主義的に、不平等になったと主張する左派から特に尊敬されている。

教授は、昨年12月26日の毛沢東の123回目となる誕生日に、300万人が死亡した飢饉や200万人が死亡した文化大革命の責任者は毛沢東だと短文投稿サイト「微博(ウェイボー)」に投稿した。

中国でこうした公の批判は珍しく、毛沢東の支持者らは教授の投稿直後から、「毛沢東に反対する者は誰であれ人民の敵」などと街頭で抗議活動を繰り広げた。

中国共産党機関紙「人民日報」系の国際情報紙である環球時報は9日、教授が5日に山東省政府の相談役の職を解任されたと報じた。大学側は声明で、教授がもはや教鞭を執ったり、構内で社会的なイベントを組織したりすることは許されない見通しだと述べた。

教授のコメントは得られていない。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
サイバー戦争の最前線<br>日本のインフラが狙われる!

標的は個人情報だけではない。世界では、原発や銀行システムなどのインフラ、そして知的財産がサイバー攻撃を受けている。日本の対策は始まったばかり。この脅威にどう対応する?