「猫ひろし」売れない芸人に賭けた妻の真実

リオ五輪出場の裏側には非難と歓喜があった

芸人でありオリンピックランナーでもある猫ひろしさん(右)と妻の恵子さん
結婚――。お互いに違う人生を歩んできた男と女が、一つ屋根の下で生計を共にし、家族になる。そこには独身のままでは体験できなかったであろう生活が待ち受ける。配偶者は結婚相手の人生も引き受け、運命が大きく変わることもある。
TBSテレビが1月16日(月)よる7時からスタートする新番組『結婚したら人生劇変!〇〇の妻たち』は、同局の人気番組『プロ野球戦力外通告』『プロ野球選手の妻たち』を手掛けるスタッフが、夫を支える妻の姿を通して、夫婦の愛と葛藤に迫るドキュメンタリーだ。
同番組は、昨年の秋・冬に特番として放送。その中で大きく反響を呼んだ、芸人・猫ひろしさん(39)と、その妻・恵子さん(39)がたどったリオ五輪・男子マラソン出場への道を紹介しよう。

金なし!才能なし!人気なし!

出会いは、今を遡ること14年前。2人が24歳の頃に恵子さんの友人が開いた食事会だった。1人遅れてやってきた猫さんは恵子さんの隣の席に座った。当時の猫さんは、事務所にも所属していない、いわば芸人志望のフリーター。アルバイトでギリギリ食い繋ぐ貧乏生活で、女性と付き合った経験もないような男に、女性を口説くすべなどあるわけもなかった。

当然、恵子さんとも、ほとんど会話もなく、会はお開きに。そんな猫さんのもとにその夜、1通のメールが届く。なんと合コンの主催者に連絡先をきいた恵子さんからの挨拶だった。このメールをきっかけに、猫さんにとっては、人生初のデートを約束する。

それは恵子さんにとっては、あまりに衝撃的だった。待ち合わせをした2人。猫さんがまず向かった先は、消費者金融のATM。しかも、1カ所で入金したら、次はまた別の消費者金融へ渡り歩く。実は当時の猫さんの月収は、清掃のアルバイト9万円のみ。数社の消費者金融でお金を借りては、別の消費者金融の返済をする…そんな自転車操業で、消費者金融に100万円近い負債を抱えていた。

次ページ意外にも恵子さんの心は動いた
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
アジアから訪日客が殺到<br>大阪・ミナミの熱気と困惑

4年で5倍に外国人観光客が増えた大阪。中でも道頓堀や心斎橋など大阪・ミナミの中心エリアにアジアからの訪日客が押し寄せている。リピート客も多い。ミナミの魅力に迫る。