レアル39戦無敗、スペイン最多記録に並ぶ

16試合を消化して勝ち点40で首位

 1月7日、サッカーのスペイン1部、レアル・マドリードはグラナダを5─0で退け、公式戦39戦無敗としてスペイン最多記録に並んだ。写真は得点を喜ぶレアルの選手たち(2017年 ロイター/Juan Medina)

[バルセロナ 7日 ロイター] - サッカーのスペイン1部は7日、各地で試合を行い、レアル・マドリードはグラナダを5─0で退け、公式戦39戦無敗としてスペイン最多記録に並んだ。

レアルは前半12分にイスコのゴールで先制すると、カリム・ベンゼマ、クリスティアノ・ロナルドも続き、さらにイスコが2点目を決めて4─0で試合を折り返した。後半13分にカゼミロがFKに合わせて今季初得点をマークした。

アトレチコ・マドリードは乾貴士を擁するエイバルを2─0で下した。乾は先発し、後半23分に退いた。清武弘嗣が所属するセビリアはレアル・ソシエダに4─0の勝利。清武はベンチ外だった。ラスパルマスはヒホンを1─0で下した。

レアルは16試合を消化して勝ち点40で首位。17試合で勝ち点36のセビリアが暫定2位に浮上。アトレチコは同31で暫定4位とし、ソシエダは同29の暫定6位に後退した。エイバルは同23で暫定9位。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
途上国の石炭火力支援を<br>日本はやめるべき

アル・ゴア元米国副大統領は地球温暖化対策の重要性を訴え続けている。米国は温暖化対策の枠組み「パリ協定」からの脱退を表明。対策は後退してしまうか。日本がすべきことは何か。