就活同然!過熱する「冬のインターンシップ」

企業は前のめり、学生は売り手市場で様子見

2016年12月に東京ビッグサイトで開催された「リクナビインターンシップLIVE東京」。インターンシップへの関心は高いが、参加をギリギリまで躊躇する学生が多いという (撮影: 梅谷秀司)

3月1日は「企業の採用広報活動解禁日」で「就職ナビサイトの本オープン日」「採用情報の発信日」となっている。が、それまでの就職活動準備の一翼を担っているのが、「冬のインターンシップ」だ。

ここ最近は企業側が2月頃、短期のインターンシップを開催するケースが増えている。

就活解禁までの”空白期間”を衝く

インターンシップは、学生の夏休みを利用して、7月~9月頃に開催されるケースが主流だった。しかし、2年前から採用スケジュールが変更され、採用広報の解禁時期が12月から3月へと変更になった。

すると期末試験終了後の2月は、学生にとっては大きな学業イベントもなく、就活も本格化する前という、”空白期間”が生まれる結果となった。この期間をうまく活用できないかということで、冬にインターンシップを開催する企業が急拡大していく。期間についても、夏の場合は5日以上が多いが、冬は1~2日程度の短いものが多くなっている。

次ページ冬開催が増えた理由とは
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
これから伸びる中学・高校<br>大学入試改革で激変!

2020年にセンター試験廃止。新テストでは知識の暗記は通用せず、思考力が試される。子どもを行かせるなら、私立進学校か、名門公立か。これからの学力を育てる学校を一挙紹介。