正月から即バレた「今年も二流」の人の3欠点

「年賀状、新年会、抱負」あなたは大丈夫?

まず、新年早々バレる二流の特徴が、初詣での他力本願ぶり、言い換えれば「行動計画の欠如」である。

初詣で「何を願い」ましたか?

1.初詣で「行動計画のなさ」がバレる

「金持ちになれますように」「就活がうまくいきますように」「恋人といつまでも幸せになれますように」「志望校に入れますように」うんぬんかんぬん。

年に1回、神様の賽銭箱に100円、恐ろしいケースでは5円を投げつけ、驚くほど他力本願の願いごとばかりをする人たちがいる。そういう人に限って、5円しか出さないことを「ご縁がありますように」などと正当化するありさまだ。

私は何も、初詣で願いごとをすること自体に文句を言っているわけではない。私が問題視しているのは、単に願うだけで何の行動計画もない、私のような人たちである。

年始にお寺なり神社に行って、景気のいいことを願うのは伝統文化であり、それだけで一流、二流と言われるのは心外かもしれない。

しかし、初詣での願いごとが「努力の伴わない他力本願ばかりの人」は、何の努力もせずに幸運がコロコロ転がり込んでくるのを待っているあいだに、「今年もそのまま二流」で終わってしまうであろう。

2.年賀状で「恩知らず」がバレる

次にバレるのが、年賀状などの季節のあいさつに表れる、日頃の感謝を忘れた「恩知らず」っぷりである。

もちろん、お店や取引先から送られてくる何の心もこもっていない、出した本人すら出したことに気づいていない「二流の年賀状」に、返信は無用であろう。

しかし、日ごろお世話になっているトップ10の人への新年のあいさつもせず、おまけにせっかくもらった年賀状を返しすらしない人は、新年早々、二流に転落していると思っていただいて差し支えない。

二流の人ほど、予想外に自分より目上にあたる人から先に年賀のあいさつをもらったりすると、あまりの気まずさに「年賀状制度」の撤廃を心から願ってしまうものである。

しかし、いくらあなたが「年賀状なんて、もらったほうも返事が面倒で迷惑だし」などと自己正当化しようが、年始のあいさつひとつに、あなたの横着な無礼さはあらわれてしまう。

1日の始まりの「あいさつ」にその人の人格があらわれるように、1年の最初のあいさつで、あなたの人間関係に対する姿勢が驚くほどバレてしまうものである。

次ページ「新年会」でもここまでバレる
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
深圳発 中国メイカー革命<br>米中の起業家人脈が共振

米国発祥のメイカームーブメント。個人でも企業と同様、世に流通しうる製品を生み出す動きを指す。深圳は今、メイカーズのハリウッドと呼ばれ、米国と中国の流れが合流しつつある。