日経平均株価は2日ぶり反落

過熱感への警戒が響く

10日の東京株式市場は2日ぶりの反落となった。日経平均株価は、前日の欧米株高を受け前引けこそ前日終値比17円高となっていたが、大引けでは前日比56円30銭安の1万4416円60銭に終わった。TOPIXも前日比1.69ポイント安の1195.20。大引け段階における東証1部概算出来高は27億8293万株、売買代金は2兆2886億円だった。

前日のNYダウ工業30種は前日比75ドル高の1万5300ドル、ナスダック総合も19ポイント高い3504と、ともに4日続伸となった。

朝方の寄り付き前の外資系証券会社経由の注文動向では売り1580万株、買い1930万株で差し引き350万株の買い越し。11営業日連続で若干ながらも買い越しだった。

一時5月29日以来の1万4500円台

これを受けて、日経平均株価は8円安で寄り付いたものの、アジア株式市場のスタートが総じてしっかりしていたこともあり、10時41分には82円高の1万4555円と、ザラバでは5月29日以来となる1万4500円を突破。その後、アジア市場の値動きにも左右され、17円高で午前の取引を終えた。

午後になると状況が暗転した。まずはバスケット取引の勢いが減じた。昼休みの立ち会い外取り引きによるバスケット取引は316億4800万円の成立ながら「売り買い均衡」と伝えられるように減速した。後場寄りは12円高でスタート。12時46分には48円高と再び1万4500円台を回復したが、崩れて14時38分には185円安となる1万4287円まであった。その後買い戻され、56円安で本日の取引を終えた。

次ページ22業種が値下がり
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。