ヒトラー「わが闘争」、出版元も驚く売れ行き 

昨年1月にドイツで再出版、8万5000部に

 1月3日、ナチス・ドイツ指導者アドルフ・ヒトラーの著作「わが闘争」の販売部数が、昨年1月にドイツで再出版されて以来、8万5000部となった。写真は2016年1月撮影(2017年 ロイター/Michael Dalder)

[ベルリン 3日 ロイター] - ナチス・ドイツ指導者アドルフ・ヒトラーの著作「わが闘争」の販売部数が、昨年1月にドイツで再出版されて以来、8万5000部となった。ドイツの出版元、現代史研究所が明らかにした。

「わが闘争」は、著作権が2015年末に失効した後、解説や約3500の注釈を付けて、第2次世界大戦後初めて再出版された。

現代史研究所の代表は、これほど多くの部数が売れるとは「誰も実際に予想できなかった」と独DPA通信に述べた。

「わが闘争」は、1933年にヒトラーが首相になって以降、大ベストセラーとなり、1945年までに1200万部が販売され、これまでに18カ国に翻訳されている。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
選挙後は大モメ必至<br>どうする子育て支援の財源

新党相次ぎ大混戦の総選挙だが、総選挙後の焦点となる財源問題を検証する。子育て支援5兆円の財源をどうするのか。所得税や相続税の累進強化では不足。やはり消費税頼みか。