日本酒の三大生産地を作った地理条件とは

兵庫と京都、新潟にあった米と水以外の利点

いかにして兵庫、京都、新潟は日本酒の名産地になったのか(写真: May / PIXTA)

国内の三大日本酒生産地をご存知でしょうか? 生産量の多い順に、兵庫、京都、新潟。兵庫と京都は“灘伏見”、新潟は“地酒王国”として知られる名産地であります。これらの三大生産地は優れた米や水に恵まれていたことでも共通しています。兵庫と新潟は各々、二大酒米の山田錦と五百万石を生んだ土地。また、それぞれ名水に恵まれており、兵庫は有名な“宮水”が湧き出し、京都伏見は“伏水”との呼び名があったほど。

地政学からみる日本酒造りの歴史

当記事はByron(運営:INCLUSIVE)の提供記事です

この三地域が酒の生産地として名を轟かせた理由は米と水に恵まれていたというのはもちろんですが、実は他にも大事な要素があるのです。今回はその要素を“地政学(正確にはプチ地政学)”から紐解いてみたいと思います。

“地政学”とは、地理的な環境が一国や一定の地域における政治や産業、軍事などの戦略に大きく影響を与えるという視点の学問です。世界の国際情勢が複雑にうごめく時代、その原因や行く末を読み解く武器として、地政学は昨今大きな注目を集めています。日本酒と地政学なんて、関係ないと思われるかもしれません。ですが、日本酒造りの歴史を地政学的視点で見てみると、納得の因果関係が見えてきたりするのです。

さて、地図のご用意はよろしいですか?

筆者の蔵は日本海に浮かぶ佐渡島にございます。佐渡と言えば佐渡金山。徳川直轄の天領となり、江戸幕府の財政を支えました。その最盛期には、金山のある地域だけで約10万人が生活していたとも言われます。現在の島の人口が5万7645人(2016年11月1日現在)と考えると、当時いかに人で賑わっていたかは想像に難くありません。人が多いということは、すなわち口が多いということ。多くの人々の食を支えるため佐渡島の稲作は島のすみずみでも行われ、今でも海っぺりまで整然と広がる田圃を目にすることが出来ます。

米が多ければ、日本酒も造れます。佐渡の造り酒屋は多い時には100軒を越えていたそうです。小規模な家族酒屋も含めてでしょうが、現在あるのが5蔵という状況を考えると、やはり酒造りは盛んであったのでしょう。

次ページ人が集まり経済が回るから
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
疑われる日本<br>安保と原発

日本が抱える再処理プルトニウムは48トン。原子爆弾6000発分に相当する量だ。これに中国、韓国が疑念を抱き、東アジアで核兵器原料の増産競争が勃発するおそれも出てきた。