【産業天気図・証券業】不透明な市場環境続く08年度は前半・後半とも「曇り」を継続

予想天気
   08年4~9月  08年10月~09年3月

世界経済や金融市場の先行きに不透明感が漂う中、証券業の天気見通しは2008年度前半・後半とも前回同様「曇り」を予想する。

証券各社の前08年3月期決算は、ネット専業を含む上場22社のうち営業増益は、中国株関連の収益が好調だった東洋証券<8614>の1社にとどまった。営業減益は17社、米国会計基準の野村ホールディングス<8604>を含む4社が営業赤字に陥った。昨夏から続いてきた、米国のサブプライムローン(信用力が低い個人向け住宅融資)問題に端を発した金融市場の混乱は、今年3月末にかけて一段と混迷の度合いを深めた。株価急落と対ドルの円高が急進行。証券会社の収益環境が悪化した。

4月以降、株式・為替相場は落ち着きを取り戻し、3月に1万2000円を割り込んだ日経平均株価は、5月に1万4000円台を回復。3月中旬に1ドル95円台まで突っ込んだ為替市場も、足元は6月に入って1ドル100円台後半まで円安方向に振れている。市場関係者の間では「最悪期は去った」との見方が広がっている。一方で、投機資金が石油油や穀物などの商品市場に流れ込み、とくにWTI原油価格は1バレル130ドル台に突入するなど、世界的なインフレが経済を冷やす懸念も高まっている。過去5期連続で最高益を更新してきた日本企業も、このところの円高と原油高の影響を受けて、今期は減益に転じる見通しだ。それを映すかのように、東京株式市場の売買代金は盛り上がりに欠けたままだ。

「会社四季報 夏号」では、証券各社の今09年3月期業績予想について、前期に一部銘柄の株価急落で膨らんだ貸倒引当金繰り入れが、今期は縮小する見込みの藍澤証券<8708>が営業増益となる以外は、営業損益段階での減益もしくは赤字継続を予想した。
 
 証券会社にとっては、主力とする株式委託手数料収入が弱含んでいるほか、IPO(新株式公開)や増資引き受けなどの投資銀行業務も苦戦。07年前半は好調だった投資信託や外債などの販売についても、相場が弱含んでいる影響で足元は前年割れしている状況だ。投資信託の残高報酬や外債販売は堅調を保つものの、株関連収益と投信販売手数料の落ち込みをカバーしきれないだろうというのがメインシナリオである。

【武政 秀明記者】

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。