東芝、米子会社の買収案件で数千億円減損も

コストが大幅増加、資産価値が想定を下回る

 12月27日、東芝は、米原発子会社ウエスチングハウス(WH)が昨年末買収した原発サービス会社、CB&Iストーン・アンド・ウエブスター(S&W)について数千億円規模の減損を計上する可能性があると発表した。写真は都内で昨年8月撮影(2016年 ロイター/Thomas Peter)

[東京 27日 ロイター] - 東芝<6502.T>は27日、米原発子会社ウエスチングハウス(WH)が昨年末買収した米原発サービス会社、CB&Iストーン・アンド・ウエブスター(S&W)について数千億円規模の減損を出す可能性があると発表した。影響額が確定次第、投資家に知らせるとしている。同社の綱川智社長らが午後6時から本社で記者会見する。

東芝の発表によると、S&W買収のWHへのコスト影響を精査したところ、コストの大幅な増加により資産価値が当初想定を大幅に下回り、必要となるのれんの計上額が従来想定の8700万ドル(現在の為替レートで約101億円)を越え、現時点で数千億円規模に膨らむ可能性が出てきたとしている。

今後、同のれんについて、東芝連結とWHで減損テストを実施するが、その一部か全額を減損する可能性があり、東芝とWHが損失計上する可能性があると説明している。

減損の可能性が生じたとする数千億円の具体的な水準について同社広報担当者は「説明できない」としている。

 

(浜田健太郎 編集:吉瀬邦彦)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
親の住まい 子の住まい<br>マンション、戸建て、サ高住…

人生100年時代で住まいの選び方が変わった!実家の片付けも大問題だ。マンションやサ高住のランキングを掲載し、現役世代、リタイア世代の選択肢を紹介。帰省の時期に考えよう。