「間抜け」が究極ビジネススキルといえるワケ

仲間に可愛がられる人には共通点がある

今回は、元日本テレビの敏腕プロデューサー三枝孝臣さんとの対談です
わたくし、TKO木本武宏が複雑な現代の世の中をエキスパートから教えてもらう対談。年末・年始スペシャル編として、『一流のMC力』という書籍を出版された元日本テレビの敏腕プロデューサー三枝孝臣さんに来ていただきました。いままでは、知らない物事を学ばせていただいてきましたが、今回は僕もよく知っている世界ですから、どんどんと深い質問をさせていただきましたよ。
芸人・木本武宏の目標であるテレビ番組の看板MC(司会者・番組進行役)にどうやったらなれるのか? 芸能界での生き残りをかけた対談の1回目です。

 

木本:三枝さんの『一流のMC力』を読ませていただきました。僕も一人のMCを目指す男として、芸能界で生き残っていこうと頑張っているつもりですが……。

三枝:生き残るとは大げさでしょう。次世代MCの有力候補のお一人だと思っています。

MCの力はビジネスマンの生き残りにも使える

この連載の一覧はこちら

木本:いや、本に書かれている「ネクストブレイクMC」に僕の名前が入っていないので、生き残れるのか心配です(笑)。今日は、フラットに一から教えてほしいです。まずこの本の特徴は、MCになりたいタレントや芸人のためじゃなくて、ビジネスの話が中心です。芸能界でもビジネス界でも、生き残っていくためのスキルアップエピソードが満載でお得感がありました。

三枝:はい。テレビ業界は特殊に見えるので、特殊な技能を持った人でないとMCになれないとか、抜擢されないと思っている方も多いと思うんです。でも実はMCの力を分解するとさまざまな機能があって、ビジネスパーソンにも使えるスキルがあるのではと考えていました。僕自身が番組制作から編成やインターネットの部署に異動した時に、自分が制作サイドにいた時に培ったことはビジネススキルにも使えると思って、今回はMCの力に特化した形でビジネス書にしてみたのです。

木本:僕らのようなMCを目指す芸人のためだけではなく、ビジネスパーソンに使えるものにしたと。

次ページこれから活躍できるビジネスマン像
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
能力「見える化」で採用を変える<br>働き方改革の起爆剤

自分の能力がどこまで通用するのかを世界的に証明するQF。能力を「見える化」する、国をまたいだ評価の物差しだ。「働き方改革」でQFが果たす役割は大きい。改革の起爆剤になるのか。