スイスのイスラム教施設で発砲、3人が負傷

現場はチューリヒの中央駅の近く

 12月19日、スイスの警察当局によると、チューリヒにあるイスラム教施設に男が侵入して発砲し、3人が負傷した。写真は施設周辺をパトロールする警察当局(2016年 ロイター/Arnd Wiegmann)

[チューリヒ 19日 ロイター] - スイスの警察当局によると、チューリヒにあるイスラム教施設に19日、男が侵入して発砲し3人が負傷した。

銃撃が起きたのは現地時間午後5時半(日本時間20日午前1時半)過ぎで、現場はチューリヒの中央駅の近く。負傷者のうち2人は重傷という。

警察によると、容疑者は30歳前後の男で発砲後、現場から逃走した。男の動機についてはコメントを控えた。

目撃者によれば、同モスクは主にソマリア系の住民が利用しており、負傷した3人もソマリア系という。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
認知症薬の功罪<br>その飲み方は安全か

認知症患者は増加中。認知症薬は進行を遅らせる効果が期待できるが、副作用が深刻。薬漬けを招き、寝たきりも。生活の質を損なっては元も子もない。何のために薬を使用するのか。