東洋大学

プロフェッショナリズムと適応力を育てる

東洋大学

東洋大学は、1887年に哲学者である井上円了によって「私立哲学館」として創立された約130年の歴史を持つ総合大学だ。哲学を建学の理念とする私立大学で、近年ではオリンピックでの水泳、陸上短距離、そして駅伝などスポーツ分野での輝かしい実績を残している。一方、2014年には、わが国の国際化を牽引する大学を重点支援する事業、文部科学省「スーパーグローバル大学創成支援」のグローバル化牽引型に採択され、グローバル人材育成の取り組みが加速している。「世界で存在感のある大学へ」と題したこの企画では、グローバルに活躍できる人材に求められる能力、その育成のために大学や社会がどう取り組むべきかについて、全6回の連載を通して明らかにする。第3回は、来春、東洋大学に新設される国際学部グローバル・イノベーション学科の学科長に就任予定の今村肇教授が、日本におけるM&A、投資ファンドを草創期から牽引し、人材の活用・獲得・育成によって、さまざまな企業の再建、企業価値の向上を手掛けてきたインテグラル代表取締役パートナーの佐山展生氏と対談。これからの日本に求められる人材と、その育成について語り合った。
左からインテグラル 代表取締役パートナー 佐山展生氏、東洋大学 教授 今村肇氏

佐山 インテグラルが求めるのは真のプロフェッショナル人材です。指示されたことを行う人は知識や前例をもとに判断や行動をしますが、真のプロは本質を考え、知識や前例に従うだけでは解決できない新しい局面にぶつかっても、自ら切り開いていける人のことを指します。会社員として優秀な人材は組織の歯車として上手く機能することが求められますが、プロは組織から飛び出しても独自に機能できることが必要です。

今村 グローバル・イノベーション学科では、まさに佐山さんがおっしゃられた、自ら考え、専門性と責任を持って結果を出すプロフェッショナル志向のポテンシャルを備えた人材を育てたいと思っています。さらに、日本の従来型組織に働く縦の力だけではなく、横方向に人をつなぎ、ネットワークを築く力やリーダーシップを鍛えようと考えています。リーダーになるために重要なことは何だと思われますか。

佐山 リーダーがなすべきは、メンバーの気持ちを燃えさせて100%の力を引き出すことにあります。そのためには、まず人望が必要です。人望は他者を利用してのし上がろうとする人には集まりません。つまり私利私欲がないことが大事で、さらにはメンバーに仕事を面白そうだと思わせることが欠かせません。

今村 確かに、私利私欲がない人は他者との壁を作らずにコミュニケーションできるように思います。グローバル・イノベーション学科では「ひとと地球と対話する『哲学』の精神に水平志向のグローバルな才能を育成する」というスローガンを掲げ、学生には人と接するうえで守るべき哲学を持ってもらいたいと考えています。

インテグラル
代表取締役パートナー
佐山展生
化学メーカーの帝人でポリエステルの重合関連業務、三井銀行(現三井住友銀行)のM&Aアドバイザリー業務を経て、1998年バイアウトファンドのユニゾン・キャピタル、2004年M&Aアドバイザリー会社のGCAを共同設立。2007年に独立系バイアウト投資会社インテグラルを共同設立し取締役パートナー、2008年から現職

佐山 私が人と話をする際に心掛けているのは、相手の話をしっかり聞くことです。相手の話から興味を持っていそうな分野を見つけ、その分野の話をすることが、円滑なコミュニケーションにつながります。そして、少し無理をしても、人と接する機会を増やすことです。1年365日の小さな積み重ねが、より多くの面白そうな人、コトとの出会いに導いてくれるはずです。

今村 多くの人や出来事との出会いは教育においても大切です。グローバル・イノベーション学科では、イノベーションを起こす人材育成を目指しますが、イノベーションを「新しい技術だけでなく、身近にあるものも含めて上手に結びつけ、創造的な組み合わせで、新たなニーズに応える商品、サービスなどを生み出すこと」と定義しています。そのような新たな組み合わせを得るには、さまざまな人とつながることのできる能力が前提になると考えています。

次ページイノベーションで重要なこととは