スプリント、「ポケモンGO」で開発会社と協業

店舗でキャラ収集や電話機充電などが可能に

 12月7日、ソフトバンク傘下の米スプリント、「ポケモンGO」を開発するナイアンティックと協業すると発表した。写真はポケモンGOの広告、東京で7月撮影。(2016年 ロイター/Kim Kyung Hoon )

[7日 ロイター] - ソフトバンク<9984.T>傘下の米携帯電話大手スプリント<S.N>は7日、スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO」を開発するナイアンティックと協業すると発表した。全米1万超の店舗でポケモンのゲームキャラクターの収集や電話機の充電などが可能になる。

ポケモンGOは任天堂<7974.T>の持分法適用会社ポケモンがプロデュースしている。

午前の米国株式市場でスプリント株は3.8%高の8.48ドル。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
能力「見える化」で採用を変える<br>働き方改革の起爆剤

自分の能力がどこまで通用するのかを世界的に証明するQF。能力を「見える化」する、国をまたいだ評価の物差しだ。「働き方改革」でQFが果たす役割は大きい。改革の起爆剤になるのか。