ソニーが来春スマホゲーム「みんゴル」配信へ

新たなユーザー獲得へ10タイトルを発表

 12月7日、ソニーは来春、スマートフォン向けゲームを配信する。写真は傘下フォワードワークスの川口智基エグゼクティブディレクター。(2016年 ロイター/ Toru Hanai )

[東京 7日 ロイター] - ソニー<6758.T>はスマートフォン向けゲーム事業を加速させる。ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)傘下のフォワードワークスは、2017年春に家庭用ゲーム機で人気のゴルフゲームをスマホ向けに移植、来年度中に5─6タイトルを投入する方向で準備を進める。家庭用ゲーム機「プレイステーション(PS)」で培ってきたIP(知的財産)を有効活用することで、新たなユーザーの獲得を目指す。

2017年春に投入するのは「みんゴル」。夏にはアクションゲーム「勇者のくせにこなまいきだDASH!」も投入する。7日の記者会見ではこのほか「パラッパラッパー」など合計10タイトルが発表された。フォワードワークスの川口智基エグゼクティブディレクターは会見後、記者団に対し「来年度中に5から6タイトルをリリースしようと準備している」と語った。

ソニーは同日、スマホやタブレットにつなげて遊ぶカードゲーム用装置「プロジェクトフィールド」を開発していると発表。第一弾としてフォワードワークスがゲーム開発のレベルファイブ、バンダイと協業して「妖怪ウォッチ」シリーズを投入することも明らかにした。

スマホゲームをめぐっては、任天堂<7974.T>も「スーパーマリオラン」を15日に配信予定で、家庭用ゲーム機で人気タイトルを持つ大手2社の本格参入により、競争が激しくなるのは必至だ。

 

(志田義寧 山﨑牧子)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。