米女優E・R・ウッド、2度の性的虐待被害を告白

「大切な人と一緒にいた時にレイプされた」

 11月29日、SFスリラーTVシリーズ「ウエストワールド」に出演している女優エヴァン・レイチェル・ウッドさん(29)は、性的虐待を2度受けたことがあるとツイッター上で明かした翌日、ソーシャルメディアを休むとツイッターに投稿した。写真は9月28日カリフォルニアで撮影(2016年 ロイター/Phil McCarten)

[ニューヨーク 29日 ロイター] - SFスリラーTVシリーズ「ウエストワールド」に出演している女優エヴァン・レイチェル・ウッドさん(29)は、性的虐待を2度受けたことがあるとツイッター上で明かした翌日の29日、ソーシャルメディアを休むとツイッターに投稿した。

今月発行の米誌ローリング・ストーンに掲載されたインタビューで、ウッドさんは22歳の時の自殺未遂について言及。「身体的、精神的、性的」な虐待の被害に遭っていたという。

ウッドさんは28日夜、「私たちの世界が露骨な偏見と性的差別に満ちている」ことにもはや黙っていられないとした上で、注意を引くためと非難されることを恐れ、告白をためらったとツイッター上で語った。

ウッドさんが「大切な人と一緒にいた時にレイプされた。別の時には、バーのオーナーから」と書いた投稿は、100万回以上共有された。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。