59歳社長の自殺を招いた「酒による擬似うつ」

「もはや進退窮まれり!」の前に酒をやめよ

エグゼクティブは孤独で多忙。しかし、彼らが心を病んでしまう直接の原因は、別のところにあるようです(写真:xiangtao / PIXTA)
「うつ病」――。現代人にとって身近なこの病気ですが、患者数が増えてきたのは、21世紀に入ってからだということを知っていますか?
獨協医科大学越谷病院こころの診療科教授の井原裕氏は、その背景に日本社会特有の"不眠不休信仰”などからくる「絶対的な睡眠不足」があるといいます。実際に診療科を訪れるビジネスパーソンたちの実情を通して、彼らが苦しむ、うつ病の「傾向と対策」をお届けします。

 

隣の韓国では、朴槿恵大統領が一友人に機密情報を漏らしていた疑惑が生じ、大きな問題になっています。この事件に関しては、まだ捜査段階ですので、これ以上の言及は控えますが、背景に彼女の孤独があったことは、十分に推測できます。この機会に、エグゼクティブのメンタルヘルスの問題を考えてみたいと思います。

“孤独すぎる”エグゼクティブの日常

エグゼクティブは、一様に多忙であり、かつ、孤独です。いつも忙しく人と会っていますが、機密情報を扱っているために、情報をどの範囲で伝えるかにいつも迷っています。つねに、この問題については誰を信用して正確に伝え、誰には伝えないでおこうかを考えなければなりません。これらの複数案件を同時進行で進めながら、日常のルーチン業務もこなしていく必要があります。

そして、内心ではどんなに迷っていても、リーダーシップを発揮するために、組織全体に対しては毅然とした態度を貫き、決断したら前を向いて進まなければなりません。

次ページ孤独と多忙さだけが原因ではない
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ショッピングセンターの憂鬱

ショッピングセンター(SC)の新規開業が相次ぐ一方、閉店も増加。セールの乱発と主力の衣料の苦戦で、既存SCの売り上げは不振だ。百貨店と同様に大量閉店の波が押し寄せるのか。