慶應幼稚舎男との格差婚は外部女子の願望だ

東京カレンダー「慶應内格差」<8>

ただならぬ様子。今日はもう遅いので、明日の仕事終わりに家に来てもらうことにした。

狙え、格差婚!

「圭ちゃん、あのね、私妊娠したみたいなの…」

圭一郎の頭の中は真っ白になった。

いつだろうか?もちろん由佳とはそういう関係を持っていたが、避妊にはちゃんと気をつけていた。

由佳は今にも泣き出しそうな顔でこちらを見ている。早く笑顔で喜ぶ姿を見せなければ。ただそれ以上にいろんな思惑が頭をめぐる。

「おカネ目当て」

母の言った言葉を思い出す。まさか、由佳は最初からそのつもりで?本当に俺の子なのか?

この後に及んで由佳にそんな疑いの目を向けている自分は醜い。もう覚悟をするしかない。そう思い圭一郎は由佳を見つめた。

「由佳、ありがとう。結婚しよう」

母にはどう伝えようか。由佳が相手で、しかもできちゃった結婚だなんて、勘当されてもおかしくない。

ただ、インドネシアに1人で行く必要はなくなった。その寂しさを紛らわすには丁度いい。

「ねぇねぇ栞、知ってる?圭一郎くん結婚するって」

今日は早紀子と虎ノ門ヒルズにある『アンダーズ タヴァン』にて定例のランチ会。景色が良く見える窓際の席に着いた途端、早希子が口を開いた。

「え!知らない!!!誰と?」

「由佳っていう圭一郎の会社の子。一般職。確か長野出身で大学からの外部生」

「なんでそんな子と圭ちゃんが結婚するの?あのお母様が許すわけないじゃない」

「それがね、できちゃったって話!」

「え?」

「まさに狙われたんでしょ」

「そんな……圭ちゃんかわいそう」

妊娠は結婚への1番手っ取り早い方法だ。しかし、同時に自分のキャリアも捨てることになる。そこまで欲しいなら、圭一郎のこと、最初からあげたのに。栞は思った。

外部生の由佳にとって、幼稚舎生の圭一郎は格上の人間。誰がどう見ても不釣り合いの2人。

「格差婚」のニュースはすぐに広まった。

格下の人間が這い上がるには、なりふり構っていられない。持ちうる全てを投げ打つのだ。

東京カレンダーの関連記事
慶應内格差:慶應志木の逆襲!もう田舎者とは呼ばせない!
結婚ゴールの真実:愛され妻の秘密。結婚願望ゼロ男を落とすため、プレゼン資料まで作る女
大人の魅力溢れる40代男の、千鳥ヶ淵の絶景を拝める異空間な部屋

 

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
サウジで要人大量逮捕<br>背景に皇太子の危機感

日本の最大の原油輸入相手国、サウジアラビアで政変が起きた。現国王の息子であるムハンマド皇太子が主導し、王族や実業家などを含む200人以上の要人を逮捕。日本への影響は?