OPEC減産に不透明感、専門家会合物別れ

イラクとイランが依然として減産に抵抗

 11月28日、OPEC専門家会合は、具体策に関する合意なく協議を終えた。写真はカリフォルニア州のガソリンスタンドで2012年3月撮影(2016年 ロイター/Mario Anzuoni)

[ウィーン 28日 ロイター] - 石油輸出国機構(OPEC)は30日の総会を控え、減産合意の実現に向けた詰めの交渉を急いでいるが、28日開かれた専門家会合は具体策に関する合意なく協議を終えた。OPEC筋がロイターに対し明らかにした。

OPEC内で第2、第3の産油国であるイラクとイランが依然として減産に抵抗しており、話し合いはまとまらなかったという。

週末には、サウジアラビアのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相が、産油国が介入しなくても原油市場は2017年に均衡するとの考えを表明。8年ぶりの減産の実現性をめぐり、不透明感が高まっている。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。