米スミソニアン動物園のパンダが緊急手術

腸に詰まったタケの塊除去

 11月25日、米スミソニアン国立動物園で、ジャイアントパンダ「ベイベイ」が緊急手術を受けた。容体は安定しているという。昨年12月撮影(2016年 ロイター/Gary Cameron)

[25日 ロイター] - 米国のスミソニアン国立動物園で、1歳超のジャイアントパンダ「ベイベイ」が25日に緊急手術を受けたが、容体は安定しているもようだ。

スミソニアン動物園の担当者によると、ベイベイが感謝祭の24日、腹に不快感があるような様子を見せたため、獣医師が25日午前に超音波検査をしたところ、腸に何かが詰まっていることが判明。急きょ手術を行い、詰まっていた「レモン大のタケの塊」を除去したという。

動物園は「ベイベイの予後は非常に良好」とする声明を発表した。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。