Facebookがアドサーバーから撤退したワケ

かなり堅固なGoogleの「独占」

フェイスブックは、アドテク関連事業を再編してきた(写真:chombosan / PIXTA)

苦戦が続いてきたフェイスブックの「アトラス」

この記事はデジタルマーケティング戦略に特化したメディア「DIGIDAY[日本版]」(運営:メディアジーン)の提供記事です

フェイスブックは11月18日(現地時間)、「アトラス」のアドサーバー事業を停止すると発表した。

フェイスブックは2013年にアトラスを買収。当時、フェイスブックは閉鎖的な自社プラットフォーム内に収益性の高い広告エコシステムを構築しており、その外にあるディスプレイ広告におけるグーグル傘下のダブルクリックの「独占」に迫ろうという目論見だったが、壁は高かったようだ。

パブマティックがeマーケターとモルガンスタンレーのリサーチを独自に分析したところによると、グーグル、フェイスブックはデジタル広告費の46%に当たる890億ドル(約8兆9000億円)を握り、54%に当たる1060億ドル(約10兆6000億円)を残りのパブリッシャーが分け合っている。しかも、2社でデジタル広告費の伸びの85%を占めている。

今回の撤退で、両者が互いの勢力圏に余り干渉しない構造になった(フェイスブックはオーディエンスネットワークを残しているが)。

アトラスは苦戦が続いてきた。リサーチ企業データナイズの分析によると、米国でのダブルクリックのアドサーバー市場シェアは75.5%。アトラスは2.4%に留まる。

次ページ「人単位のマーケティング」を武器に
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。