憧れの都心暮らしを叶えた人が「捨てたもの」

常識を手放すとうまくいく

88㎡のお部屋から、46㎡のお部屋にダウンサイズできた秘訣を伺います

片付けのプロである「ライフオーガナイザー」として活躍する、かみて理恵子さんは、都心にある46㎡、1LDKのマンションで夫妻2人暮らし。郊外にある88㎡、2LDKから、現在のコンパクトな住まいへ引越したかみてさんに、ダウンサイズ成功の秘けつをお聞きしました。

ダウンサイズ成功に導いたのは「造作家具」

当記事はSUUMOジャーナルの提供記事です

結婚して5年目、かみて夫妻が最初に購入したのは、郊外にある低層マンションでした。88㎡、3LDKのマンションを2LDKにリフォームした、広々とした家で15年ほど暮らしたそうです。

リビング・ダイニング(画像右側)と寝室(左側)は、壁のなかに扉が収まる「引き込み戸」で仕切られています。扉を開けておけば開放感アップ、閉めればプライベート確保と、スペースに変化をつけやすいのが利点

現在の小さな住まいへ引越してきたのは11年前のこと。コンパクトな物件であれば、いずれは住みたいと考えていた都心のマンションに手が届くと気づいたのがきっかけです。

改めて、「現在の自分たちが暮らす家」に対する優先順位を考えてみたところ、1)利便性が高い立地(都心)、2)駅からの近さ、3)部屋からの眺め、4)使い勝手のよい間取り、そして、5)動線のよさ……と、意外にも「広さ」にこだわりはありませんでした。

結婚して最初に家を買ったのは、バブル期真っ只中だったというかみてさん。出まわる物件が少ないうえ高額で、当時は夫婦の「都心に住みたい」という夢を実現するのが今より困難だったといいます

いくつかある選択肢のなかから、かみて夫妻が新居に選んだのは都心、それも銀座まで10分とかからない中央区にある46㎡、1LDK。以前の住まいに比べると約半分の大きさですが、引越しはスムーズだったのでしょうか?

「たくさんのものを処分しなくてはいけませんでした。当時はライフオーガナイザーの資格をもっていませんでしたし、住まいにゆとりがあったので、使っていないのに“なんとなく持っているもの”も多かったと思います。2LDKでしたが、1部屋は“物置き”状態で使い切れていなかったんですよ」

次ページ一つひとつのものと向き合って
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。