懐かしの「コナミコマンド」を覚えていますか

ファミコンミニでよみがえった!

予約していたファミコンミニ(正式名称「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」)が届きました。皆さんの中でも、すでに遊んでいる方がいらっしゃるのではないでしょうか。ドンキーコングにパックマン、スーパーマリオなど、子どもの頃に熱中していたゲームが再び楽しめるうれしさ。30本のゲーム選択画面を見ているだけでも、懐かしさに浸れます。

だんな君、子どもの頃はファミコンを買ってもらえませんでしたが、友達のお家で随分遊んでいたそうです。早速自宅のテレビにつなげて、当時よく遊んでいた「グラディウス」を選択。懐かしの十字キーのコントローラを握ってゲームスタート!と思ったら、だんな君、いきなりSTARTボタンを押してゲームを一時中断。何を思ったか「上上下下左右左右BA」と、コントローラを操作。すると画面に見えるビックバイパーにオプションやらバリアーが付いた状態に!

そう。いわゆる「コナミコマンド」というやつです。コナミのゲームでこのコマンドを入力すると、ゲームに有利なパワーアップがされたりします。

だんな君、コナミコマンドの存在をずっと忘れていたのですが、ファミコンミニのコントローラを持った瞬間に思い出したそうです。

普段GUIでパソコンを操作していても、Linuxになった途端にUNIXのコマンドがサラサラ打てたり、viでテキストデータを開いた途端にviの操作を思い出したり。だんな君の普段の仕事でも、昔よく使っていたOSやアプリの操作は手が覚えていて、久しぶりに使っても手が覚えているそうです。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1週間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
能力「見える化」で採用を変える<br>働き方改革の起爆剤

自分の能力がどこまで通用するのかを世界的に証明するQF。能力を「見える化」する、国をまたいだ評価の物差しだ。「働き方改革」でQFが果たす役割は大きい。改革の起爆剤になるのか。