全室に“マイ執事”!最高峰ホテルの接客

ホテル通もノーマーク?セントレジスのもてなし

東京だけでも、星の数ほどあるホテル。どれも大差ないと思ったら、大間違い。一歩足を踏み入れれば、そのホテルにしかない、魅惑のストーリーが展開している。
レジャーとしてのホテルを知れば、より日常が楽しくなるはず――。この連載では、注目のホテルの総支配人を訪ね歩き、知られざるホテルの物語を発掘していく。3週連続の大阪遠征編、第2弾。
壁の絵画が印象的な「セントレジス バー」。セントレジス発祥のカクテル「ブラッディ マリー」の日本オリジナル版も楽しめる
梅田となんば(難波)の中間地点に、知る人ぞ知る、ラグジュアリーホテルがある。セントレジスホテル大阪だ。
セントレジスは、ウエスティン、シェラトンなど9つのブランドで世界展開する“グローバルオペレーター”スターウッド ホテル&リゾート ワールドワイドの最高峰ブランドだ。ニューヨークではザ・リッツ・カールトンと双璧と言われるほど有名な超高級ホテルだが、日本では大阪でしか展開していないこともあり、知名度はまださほど高くない。
12階には日本庭園を持ち、大阪湾を一望できるセントレジスホテル大阪の客室価格は「日本一高い」とも言われる。同ブランドのウリである「バトラーサービス」は、いわば召使いのように客ごとに専属のバトラー(執事)がついてチェックインからチェックアウトまで世話してくれる。
日本人が知らない、セントレジスの魅力とは――。インドネシア、マレーシア、台湾、ベトナムなど各国でホテルを成功に導いてきた、アラン・リゴデン総支配人を直撃した。

ブランド名は、本質的なことではない

――総支配人の前任は同じ資本系列のシェラトンで、セントレジスの運営は初めてとうかがっています。それぞれのブランドの違いは、どこにあるとお考えでしょうか。

これまで、いくつかの新しいホテルに携わってきましたが、ブランドの違うホテルに移る場合、最も大切なことは、過去のブランドを引きずらないことです。スターウッドにはシェラトン、ウェスティン、ル・メリディエンなど全部で9つのブランドがありますが、特定のブランドで働いている場合は、そのブランドだけにフォーカスしています。セントレジスはセントレジスであり、これがとても大事なことなのです。

次ページ全室につくバトラーサービスって何?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
残業禁止時代<br>働き方改革のオモテと裏

労基署から是正勧告を受けたHIS、朝日新聞社。社員が過労自殺した電通。大手でも野放し状態の残業大国・日本。残業時間の上限規制が導入予定だが、ブラック職場は改善されるか。