中山秀征の「相手に華を持たせまくる」仕事術

「DAISUKI!」で知った最強のポジション

MCとして活躍し続けている中山氏に話を聞く
MC力を鍛えると、いままでの人生が変わってしまうぐらい、ものすごいチャンスと成功が手に入る!
「スッキリ!!」「ZIP!」ほか、数々のヒット番組を手掛けてきた元日テレの敏腕プロデューサーの三枝孝臣氏が、25年間のテレビマン人生で手に入れた、一流のMCとして活躍している人たち、ビジネスですごい結果を出している人たちに共通する秘蔵のメソッドを初めて明かした『一流のMC力』を出版した。
MC力は、テレビの世界だけでなく、ビジネスにも、プライベートにも本当に役立つのか?
本連載は、三枝氏が、現在、テレビやビジネスの現場で活躍している方に話を聞いて、今日から使える働き方のヒントを得ようというもの。
今回は「秀ちゃん」の愛称で知られる中山秀征氏。25歳で始めた「DAISUKI!」を皮切りに、数々の番組でMCとして活躍し続けている中山氏と、25年以上の付き合いがある三枝氏が、「仕事を円滑に進めて、成果を最大にする秘訣」について語り合った。カメラマンも撮影しながら、思わず「すごい!」とつぶやいた、中山氏のテクニックとは?

MCは「都落ち」だと思っていた

『一流のMC力』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

三枝孝臣(以下、三枝):もう25年以上もMCを続けている中山さんですから、MCを始めたのは20代の頃ですよね? 厳密には司会進行ではないけれど、MCの仕事は、「DAISUKI!」が最初と言っていいでしょうか?

中山秀征(以下、中山):「DAISUKI!」に出演するようになったのは25歳ですが、MCということを意識していませんでした。当時、MCと呼ばれると、ちょっと都落ちみたいなところがありました。「ダウンタウンの○○」とか「とんねるずの○○」という冠番組が保守本流でしたから。僕の場合はコンビが解散間際、ピンでなんとかしなければという時に、苦肉の策がレポーターからのMCだったんです。

三枝:ピン芸人でいくのか、俳優なのか、それともレポーターなのか……。

次ページ「面白いって必ずしも爆笑ではない」
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。