フェイスブック、英国で従業員50%拡大へ

ロンドン新本部開設に伴い新たに500人採用

 11月21日、米フェイスブックが2017年に英国で従業員数を50%増やす計画を明らかにした。写真は同社のロゴマーク。カンヌで6月撮影(2016年 ロイターEric Gaillard/File Photo)

[ロンドン 21日 ロイター] - 米フェイスブック<FB.O>は21日、2017年に英国で従業員数を50%増やす計画を明らかにした。

同社は英国で現在1000人雇用しているが、来年に予定されるロンドンの新本部開設に伴い、新たに500人を採用する。

英国は欧州連合(EU)離脱決定をめぐり投資先としての魅力が低下し、国際企業が投資を縮小すると懸念されているが、フェイスブックはこれを否定する。

欧州・中東・アフリカ(EMEA)地域担当副社長のニコラ・メンデルソン氏は、この日の英産業連盟(CBI)主催の会議で「英国は、テクノロジー企業にとって依然として最善の場所の1つであり、フェイスブックにとっても重要な一部だ」と述べる予定だ。

米アルファベット<GOOGL.O>傘下のグーグルも今月、エンジニアを増員できるようロンドンの拠点拡張計画を明らかにしている。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。