赤字がなんだ!KDDI、ベンチャー育成の情熱

狙うはグローバル、支援プログラム「無限ラボ」の全容

ディー・エヌ・エー(DeNA)、LINEなどの注目企業が本社を構える渋谷ヒカリエ。その32階に、無限を意味する「∞」の形の照明が取り付けられたスペースがある。KDDIがベンチャービジネスを支援するために設けたプログラム「∞ Labo(無限ラボ)」の専用スペースだ。

無限ラボには、毎回100を超える応募から選ばれた4~5チームが3カ月間後のサービス完成を目指して奮闘する。審査は「選考段階のアイデアだけでなく、人柄やチームの総合的な開発力も重視している」と江幡智広ラボ長は言う。

卒業後はドコモやソフトバンクなどへのサービス提供も

KDDIが無限ラボをスタートさせたのは2011年6月。現在は第4期、社内の2チームを含む7チームが無限ラボに参加している。もともとのアイデアをゼロから立ち上げるケースやパソコン向けに展開していたサービスをスマホ向けに構成し直すケースなど、チームの開発状況はさまざまだ。開発の制限は非常に少なく、卒業後はNTTドコモやソフトバンクなど、他社へのサービス提供も可能となっている。

無限ラボの江幡智広ラボ長

無限ラボを始める前から、KDDIは各種のサービス開発にあたり、数多くのベンチャーとかかわってきた。ただ、最近では、スマホ時代に突入し、世界中で同じスペックの端末が使われるようになってきたため、サービスを一気にグローバルに広げることが可能になってきた。実際、KDDIも国内だけでなく海外企業との連携が増えてきた。そこで、グローバルで通用するベンチャーを支援していこうと始めたという。もちろん、支援を通して付加価値サービスのノウハウを吸収し、KDDIの中核である通信事業とシナジーを生み出したいという狙いもある。

無限ラボによる支援は多岐にわたる。参加チームは最新OSや最新端末、クラウドサーバーの提供など、開発環境の支援が受けられる。チームと共に開発を進めるのはKDDIの若手を中心とした「メンター」(助言者)と呼ばれる社員たちだ。KDDIの社内リソースを最大限に活用できるように(○○のサービスなら○○の部署に協力を依頼しよう、など)チームに付きっきりで支援する。役員もプレゼンをチェックして直接アドバイスするなど、経営陣まで巻き込んだプログラムである。

次ページOBチームが後輩を支援
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。