就活生は「就職ナビ」を過信してはいけない

3月1日0時を境に膨大な採用情報にのまれる

就職ナビにはたくさんの企業情報があるが、それだけで就職活動を進めていくのは不十分だ(写真:kikuo/PIXTA)

11月も半ばになってきた。2015年に入社した先輩たちまでは、今と違って採用広報解禁日が12月1日だった。つまりこの時期はあと2週間足らずで就職ナビが一斉にオープンし、志望企業へのプレエントリーや合同企業セミナーへの参加など、就職活動が一気に加速するタイミングになっていた。

しかし、2018年入社に向けた経団連の指針(大手企業の採用活動スケジュール)では、採用広報解禁日は2017年の3月1日となっている。解禁日は3カ月以上も先だから、まだまだ就職活動のことなんか考えなくても大丈夫、と思っている人はいないだろうか。

3月1日を境に状況は一変する

就職四季報プラスワンの記事一覧はこちら

今年は、去年にも増して、多くの企業がサマーインターンシップを開催している。すでにインターンシップに参加し、実質的に就職活動をスタートした人も多いことだろう。

だが参加しただけで終わってしまっている人が結構いるのではないだろうか。のほほんと3月1日を迎えてしまうと大変なことになる。なぜならこの日を境に、就職活動がいきなり「ピーク」を迎えるからだ。

次ページ3月1日に始まることとは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
労基署監督官の告発<br>過重労働がはびこる真因

電通で起きた新入社員の過労自殺事件をきっかけに、働き方への関心が高まっている。労働行政の現場に立つ労働基準監督官3人が匿名で語る「過重労働大国ニッポンをどう変えるか」。