米ネット大手、トランプ氏に政策要望書

関係修復を探る

11月14日、フェイスブックやアマゾン、グーグルなど米IT大手40社が加盟するインターネット協会は、トランプ次期大統領に政策要望書を提出した。ベルリンのフェイスブック施設で2月撮影(2016年 ロイター/Fabrizio Bensch)

[ワシントン 14日 ロイター] - フェイスブック<FB.O>やアマゾン<AMZN.O>、グーグル<GOOGL.O>など米IT大手40社が加盟するインターネット協会は14日、トランプ次期大統領に対し、暗号化による個人情報保護への支援や移民制度改革などを盛り込んだ政策要望書を提出した。

シリコンバレーのIT企業はほぼ一様にトランプ氏を嫌い、選挙戦中に公然と非難することもあった。今回の要望は、関係修復に最初の努力と言えそうだ。

要望書は「インターネット業界は、開かれた、生産的な議論を期待する」としている。

要望には、トランプ氏の優先事項と一致する可能性があるものもある。シェアリングエコノミーに関する規制緩和、知的財産権からの利益への減税、米IT企業の成長を抑え込むような障壁を作らないよう欧州に圧力を加えることなどだ。

一方、IT企業に多くの非難を浴びせてきたトランプ氏とは、対立が見込まれる要望もある。たとえば、端末情報の暗号化強化を支持するよう求めたことは、犯罪捜査時に情報へのアクセスが可能にすることを目指す当局の方針とは食い違う。

また、トランプ氏は移民規制の強化を公約の中心に据えたが、要望書には、高度な技術を持つ移民を増やすことが盛り込まれた。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。