“中国発/米国流”ITサービス、日本にも上陸

「Yコンビネーター」初の中国人、23歳の新鋭が創設

ほんのわずかな時間で、自分好みのモバイルウェブサイトを手軽に作成――。そんなITサービスがにわかに注目を浴びている。その名も「strikingly」(ストライキングリー)。米国シリコンバレー最強のスタートアップ養成スクールと言われる「Yコンビネーター(YC)」に中国人で初めて入学した、若干23歳のデイビッド・チェンCEOが率いるストライキングリー社が運営する。
ストライキングリーは2012年9月にサービスを開始し、13年5月には日本語対応も始めた。日本上陸に先駆けて、インフィニティ・ベンチャー・パートナーズから4月に出資を受けている。フェイスブックページをはじめ、ウェブ上の自己表現の手段が多様化している中、ストライキングリーの特徴や狙いは何か。チェン氏を直撃した。

15分で自分専用のモバイルサイトを作成

――ストライキングリーの特徴を教えて下さい。

モバイルにカスタマイズしたウェブサイトを、たとえば15分程度で非常に簡単に作成できるサービスです。それも一つのウェブサイトを作成すれば、スマートフォン、タブレット、パソコン、すべてのプラットフォームに対応できるのが、ほかにない特徴です。

ストライキングリーを使って実際にユーザーが作ったサイト

12年9月のサービス開始以来、米国を中心に5万人以上のユーザーに利用され、月間40%でユーザー数が拡大している。5月23日からは、日本語対応も始めました。現在は英語と日本語の2カ国語で対応しています。

――どんなユーザーが使っているのでしょうか。

今のところ、ヨガ教室の講師やキャラクターデザイナー、政治家など、自分の仕事をPRするためにサイトを作るユーザーが多いようです。中には男性ユーザーがバレンタインデーに合わせ、彼女向けにラブレターとして作ったケースもありますが、地図やショッピングカートのアプリケーション(応用ソフト)を入れられたり、外部のサービスとも連携できたりしますので、中小企業や起業家に向いています。

次ページ収益化の手法は?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。