安倍政権の正体 ー秘められた本心と人脈ー

出そろった安倍流「3本の矢」の実力は?

失敗の経験とは、これほどまでに生きるものなのか。先行きを危ぶまれながら船出した安倍晋三政権は、発足から半年を経ても6~7割の内閣支持率を維持している。

もちろん、最大の理由はアベノミクスへの好印象だろう。日経平均株価は5月中旬以降の下落で、4月4日の「異次元緩和」時点の水準まで戻った。それでも、9000円前後だった昨年の衆院解散時と比べれば4割以上高い。

本質的に重要なのは、来年の消費税率引き上げが可能なレベルに実体経済が改善するかどうかだ。その答えはまだ出ていないが、景気回復への期待は高まっている。6月17日、18日に出席した英国・北アイルランドでのサミットでも、「久々に長期政権を担いそうな日本の首相」への注目度は高かったようだ。

安倍首相の縁戚で、財界での後見人である牛尾治朗・ウシオ電機会長は、「前回の失敗は、政権を5年担った経験と同じくらいになるのでは。それがブレーンの使い方や外交手法に出ている」と目を細める。

次ページフェイスブックを駆使
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
ホンダの限界

ホンダが「らしさ」と効率化の間で揺れている。車づくりを世界各拠点の独自性に委ね「らしさ」を維持してきたが、生産が500万台を超え、個性と効率、どちらをとるかの分岐点に立つ。