米大統領選、トランプ候補が勝利宣言

民主党のクリントン候補が祝福

 11月8日、米大統領選挙は、共和党のトランプ候補が予想を覆して勝利を収める見通しとなった。写真はニューヨーク・マンハッタンの自陣営本部で撮影(2016年 ロイター/Carlo Allegri)

[9日 ロイター] - 8日に投開票が行われた米大統領選挙は、共和党のドナルド・トランプ候補が予想を覆して勝利を収めた。選挙人獲得数は勝利に必要な270人を超えた。来年1月20日に大統領に就任する。

トランプ候補はニューヨークで支持者を前に演説、民主党のクリントン候補から祝福の電話を受けたことを明らかにし、勝利宣言した。

選挙戦で生じた亀裂を修復し、共通の基盤を見いだす時だと主張、国民に結束を呼びかけた。

「ひとつに結束すべき時が来た。私は全てのアメリカ国民のための大統領になる」と述べた。

また、優れた経済政策を用意しているとし、米経済成長を倍加させるとともに、再生に向けたプロジェクトに乗り出すと表明した。

トランプ氏は70歳。米史上、最高齢で大統領に就任することになる。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
地震と原発災害<br>原発最後の選択

四国・伊方原発、北海道・泊原発の地震対策に学者から異議が相次ぐ。地震の揺れの過小評価や活断層の見落としだ。電力会社任せの対策は疑念がぬぐえない。検証方法の確立が待たれる。