米株価指数先物急落、トランプ氏リードで

米10年債価格が上昇、利回りは大きく低下

 11月8日、夜の取引で米国債価格が上昇し、10年債利回りが1か月ぶりの水準に低下している。写真はトランプ氏。アイオワで6日撮影(2016年 ロイター/Carlo Allegri)

[ニューヨーク 8日 ロイター] - 8日夜の取引で米国債価格が上昇し、10年債利回りが1か月ぶりの水準に低下している。米大統領選で共和党のトランプ候補がリードするなか、米株価指数先物が急落している。

トレードウェブのデータによると、米10年債<US10YT=RR>価格は1ポイント超上昇、利回りは1.736%と、米東部時間8日午後3時(日本時間9日午前5時)の水準から13ベーシスポイント(bp)近く低下している。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
単身世帯急増時代の社会保障

家族依存型、日本の社会保障はそう表現されてきた。しかし、単身世帯比率が30年間で2.2倍に急上昇、家族内の支え合いが弱体化。社会保障を強化し、単身世帯の高齢化に備える。