ホンダ、新型「アコード」HV専用で登場

新ハイブリッドシリーズが始動

ホンダは大型セダンの新型車「アコード ハイブリッド」を6月21日に発売する。大型セダンながらガソリン1リットルあたり30キロメートルという、最新の軽自動車にも匹敵する低燃費が最大のウリだ。新たに開発した2モーター式ハイブリッド専用エンジンや、車体の軽量化などで実現した。標準グレード(LX)は365万円、安全装備などを充実させた上級グレード(EX)は390万円だ。

また、プラグインハイブリッド車(PHEV)の「アコード プラグイン ハイブリッド」も同時に投入、こちらは500万円。PHEVは車輌生産能力の制約や充電インフラの問題もあるため、自治体・法人を中心としたリース販売のみにとどめる。

日本はセダン離れが進む

アコードは、米国を中心に全世界で61万台(2012年度)を販売するホンダの主力車種。ただ、ことセダン離れが著しい日本では近年は年間2000~3000台程度の販売台数に落ち込んでいる。ホンダ自身が、国内市場の7割は軽・小型車(排気量1~1.5リットル級)で占められているとして、同ジャンルに注力してきたこともあり、大型セダンはすっかり影が薄くなっていた。

プラグインハイブリッド仕様の室内

大型セダン市場自体は引き続き厳しいものの、日本ではハイブリッド車(HV)の人気が非常に高いことから、販売目標は月間1000台に設定した。日本事業を統括する峯川尚専務は「既存顧客への内覧会などを通じた先行予約は約2800台、軽自動車並みの低燃費に対する関心が非常に高い」という。

アコード投入に合わせ、大都市圏や県庁所在地級都市を中心に、大型車を中心に扱う店舗を140~150店ほど整備する計画だ。これまで売れ筋が軽や小型車に集中していたため、内装や接客、展示・試乗車の配備などで、大型・高級車対応が手薄になっていた。内装に高級感を持たせるなどする。営業も「若手は大型セダンを売った経験が少ない。過去のノウハウを持つベテラン勢にがんばってもらう」(峯川専務)と期待する。

次ページホンダはHVのラインナップを拡充へ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
朴槿恵大統領の罪と罰

韓国検察は朴大統領を同国憲政史上初めて立件した。親友を不当に国政へ介入させた容疑だ。支持率は史上最低の1ケタ、政権はもはや死に体。対日関係は再び不安定化するのか。