福岡の道路陥没「地下鉄工事が原因」市が謝罪

穴は縦横が30メートル、深さ15メートル

 
 
上の画像をクリックすると「日テレNEWS24」のページにジャンプします。

8日早朝、福岡市のJR博多駅前の道路で、大規模な陥没が発生した。福岡市は、地下鉄の延伸工事が原因だとして謝罪した。

8日午前6時半ごろに撮影された映像では、交差点の信号機が一瞬にして、陥没した道路の穴の中に落ちていく。

目撃者「音と水しぶきがすごかった。どんどん(穴が)大きくなっていて地面が揺れる感じ」

現場近くに勤める人「爆発も起きた。焦げた臭いもすごくて、警察が来て『今すぐ避難してくれ』と」

道路の陥没が起きたのは、福岡市のJR博多駅前の通称「はかた駅前通り」。8日午前5時ごろ、道路の両端から陥没し始めその後穴は縦・横30メートル、深さ15メートルにまで広がった。

周辺は広い範囲にわたって道路が封鎖されている。ガス漏れのおそれもあり、一部地域には避難勧告も出された。また周辺で起きた停電の影響で、70代の女性がビルの階段で転倒し打撲傷を負った。

現場では福岡市の市営地下鉄の延伸工事が行われていて、福岡市は、工事のトンネルに地下水が流れ込んだことが陥没を引き起こしたとみて謝罪するとともに、原因を詳しく調べている。

日テレニュース24の関連記事
西之島の上陸映像初公開 カツオドリの姿も
白熱電球点灯から数十分後に出火か
朴大統領が首相人事撤回 新候補の推薦要請

 

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。