アベノミクス成長戦略への「2つの誤解」

成長戦略では、そもそも成長できないのが当たり前

 安倍政権の成長戦略をどう考えればいいのか(撮影:尾形 文繁)

株価の話はしばらく必要ない

株価は、依然乱高下を続けているが、恐怖のピークは過ぎた。もともと、恐怖を感じる必要はないのだが、上昇スピードが急であり、株式投資の経験が少ない投資家も広く巻き込んだから、週刊誌を含め、暴騰を煽り、暴落を煽った素人が多すぎたため、素人投資家は恐怖を感じただろう。7日の米国の雇用統計発表までのお遊びであるという認識に基づき、私は、6月頭に底打ちをしたと考えた。その後、乱高下はしたが、日経平均が1万2000円台にはなったものの、そこから下に突き抜けることはなかったし、恐怖感も違ったものとなってきた。

それは、日本だけが遊ばれていた暴落から、アジアを中心に世界を巻き込んだ暴落の様相を呈してきたということだ。しかし、これはいつもどおり、むしろ正常に戻ったようなもので、米国の金融政策次第で、米国市場が動き、それにより、世界市場が動くといういつもの構図に戻っただけだ。だから、日本株について、恐ろしいほどの無意味な急落は、今後はそれほどでないと考える。要は、米国次第、米国にらみのいつもどおりと考えればいいはずだ。

その米国は、19日のFOMC(米連邦公開市場委員会)待ち、と言うことになっているが、これも、大きなサプライズはないだろう。FRB(米連邦準備制度理事会)のバーナンキ理事長は、大胆かつ慎重にやるだろうから、この暴落センチメントの状況では、大胆な出口の示唆ということはないと予想する。

次ページ今回は、相場そのものとは違う話をしよう
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。