越前がにの最上級ブランド「極」が最高値更新

越前がに漁解禁、初日は6匹

越前がに漁が解禁となり、次々と水揚げされるズワイガニ=6日午後5時25分ごろ、福井県坂井市の三国漁港

福井の冬の味覚「越前がに」漁が6日、解禁された。日本海沖の荒天で不漁だったが、坂井市三国町と越前町の漁港では、福井県が昨季から売り出しているズワイガニの最上級ブランド「極(きわみ)」が計6匹水揚げされた。越前町大樟の越前漁港での初競りでは、重さ1・6キロの「極」に37万円の最高値が付き、ご祝儀相場に沸いた。越前町漁協によると、37万円は同町で水揚げされたズワイの過去最高値。

越前町漁協によると、同町での水揚げ量はズワイが「極」4匹を含め約2800匹で昨年比2割減、セイコは6割減の約5万3千匹。競り値は「極」が10万〜37万円、ズワイが7千〜4万1千円、セイコが900〜3千円。県漁連三国支所によると、坂井市三国町での水揚げ量はズワイが例年の5分の1程度、セイコは5分の1以下程度だった。

坂井市の三国港機船底曳網漁協からは10隻が5日午後10時ごろ出港。6日午前5時ごろから次々と帰港し、「極」2匹を含むズワイやセイコが水揚げされた。三国漁港での初競りでは、重さ1・6キロの「極」に30万円の最高値が付いた。

今年もすでに予約や問い合わせでいっぱい

越前町では5日深夜、50隻が一斉に出漁。強風と高波の影響で、網入れを2、3回で切り上げ、6日午前5時半ごろから続々と帰港した。「極」を2年連続、最高値で競り落とした「かねいち水産」(同町米ノ)の中橋睦男社長(65)は「極の注目度は高く、今年も既に予約や問い合わせでいっぱい」と満足げに話していた。

初競りで37万円の値が付けられた越前がに「極」=6日、福井県越前町の越前漁港

「極」は、ゆでた重さが1・3キロ以上、甲羅幅14・5センチ以上、爪幅3センチ以上の基準をクリアしたズワイ。昨季の初日には計23匹が水揚げされ、最高値は1匹10万4千円だった。

越前がにの漁期はセイコが今年いっぱい、ズワイが来年3月20日まで。

越前がに漁解禁
福井新聞の関連記事
全麺対決、おろしそばが釜玉うどんに圧勝
東尋坊を望む「岩場カフェ」人気
山崎製パン「ランチパック」に珍組み合わせ

 

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。