人類は、一体いつから文字を使い始めたのか

氷河期の洞窟に残された32の記号の正体

スペイン北部、ラ・パシエガ遺跡に残る記号の集まり。氷河期に刻まれたこの幾何学記号は、5000年前ころと言われる文字の誕生よりもずっと前に描かれた(撮影:D・ボン・ペッツィンガー)
世界で最も古い文字と言われるエジプトのヒエログリフ、メソポタミアの楔形文字、中国の甲骨文字。これらは5000年前~3000年前には存在したと言われている。しかし、それ以前、ヨーロッパの氷河期(4万年前~1万年前)の洞窟に不可思議な幾何学記号が残されていたことをご存知だろうか。
「私たち人類はいつ言語を獲得し、文字を使い始めたのか?」――。その人類の起源に迫る新たな研究がまとめられているのがカナダ人女性人類学者ジェネビーブ・ボン・ペッツィンガー氏による『最古の文字なのか? 氷河期の洞窟に残された32の記号の謎を解く』だ。国立科学博物館・人類史研究グループ長で人類進化学者の海部陽介氏が同書の読みどころについて解説する。

幾何学記号の全体像を把握することに挑戦

ラスコーやアルタミラといった氷河期ヨーロッパの洞窟壁画。そこにはウシやウマの動物画とともに、実は不思議な幾何学記号が描かれています。星や羽のような形をしたものや屋舎形と呼ばれるもの、W字形、Y字形など、謎の記号が動物の脇に刻まれているんです。

そしてそういった記号がヨーロッパの色んな洞窟で見つかっています。しかし誰もが気にしつつも、これまで記号の謎を解こうとする体系的な研究はありませんでした。

カナダ人の女性人類学者ジェネビーブ・ボン・ペッツィンガーは学部生のときに、世界で誰も本格的に幾何学記号を研究していないことに気づきます。そしてヨーロッパ全体350カ所以上の洞窟の幾何学記号のデータを集めて、データが足りないところは自ら暗い洞窟を探検して記号を確かめる。そうやって50カ所以上の洞窟に潜って、世界で初めて氷河期の幾何学記号のデータベースを構築しました。データベースを作ることで、幾何学記号の全体像を把握することに挑戦したのです。

そこから彼女が導き出したのは氷河期の3万年という期間に、ヨーロッパ全体で幾何学記号がわずか32種類しか使われていなかったということ。「32種類に絞られたのは、この記号がコミュニケーションツールとして使われていたから」で文字の萌芽がこの時代にあったと彼女は推測しています。

次ページ真正面からのチャレンジ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。