日経平均は続伸し1万3000円回復

円高一服や米出口懸念の後退、株価に値ごろ感も

17日の東京株式市場は2営業日続伸。日経平均株価は前週末終値比346円60銭高の1万3033円12銭、TOPIX(東証株価指数)は同28.27ポイント高の1084.72で取引を終えた。東証1部の出来高は概算で25億0430万株、売買代金は1兆9838億円と低調だった。1日当たりの売買代金が2兆円を割り込んだのは、3月29日の1兆8255億円以来となる。

14日に発表された5月の米鉱工業生産指数や6月の米消費者態度指数が市場の予測を下回ったことから、前週末の米国市場はNYダウ、ナスダック総合、S&P500がそろって前日比マイナスに下落。ただ、下落幅は小さく、欧州主要市場は軒並み反発した。

本日の東京市場では、朝方の外国証券経由の売買注文が売り1240万株に対し、買い1640万株で、差し引き400万株、2日連続の買い越しだった。

日経平均は底堅さも意識

日経平均株価は寄り付きが前週末比102円安の1万2584円でスタート。9時03分には、本日の安値1万2549円まで下げたが、その後はじりじり上昇し、152円高の1万2838円で午前の取引を終えた。

昼のバスケット取引は209億円成立し、「売り買い均衡」と伝えられた。アジア市場はシンガポール、台湾、上海などが前週末比プラスとなり、総じて堅調だった。

午後も東京市場は高値圏で推移。後場寄りの日経平均は、午前の終値を上回る1万2853円でスタートした。直近の安値である13日ザラバの1万2415円を下回らなかったことで底堅さが意識され、後場は始値を一度も下回ることなく、上昇を続けた。

次ページ株価下落で値ごろ感も
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。