「男女平等」になれば世界経済は25%成長する

女性の活躍は道徳的、そして経済的に正しい

男女の社会的平等がもたらす効果は大きい (写真: bst2012 / PIXTA)

国連は1年前、17の持続可能な開発目標を採択した。その一つは2030年までに真のジェンダー(男女区別)平等を実現しようというものだった。

女性の社会的地位向上は道徳的に正当であり、経済的にもメリットがある。最近の調査報告では、男女格差が多大なコストを生んでいることが確認されている。

国連事務総長の諮問機関である賢人会議「ハイレベルパネル」の報告によると、国家が男女間の社会的平等を進めれば、教育・健康面の改善や1人当たり所得の増加、経済成長の加速、国際競争力の強化などにつながるという。

学歴格差は解消されているのに

MGI(マッキンゼー・グローバル・インスティテュート)の報告によると、労働市場での男女格差を解消すれば、世界のGDP(国内総生産)の合計は25年までに12~25%増えると予想される。別の調査報告によると、日本や韓国、ドイツ、ペルシャ湾岸諸国など、女性の就業率が低い国々では特にこうした傾向が強いという。

世界全体で小学校を卒業する女児の比率は現在、90%を超えている。大半の地域で大学を卒業する女性の数が男性より多い。こうした状況にもかかわらず、男女間の就業比率には職種を問わずまだ隔たりがある。15歳以上の女性の就業率は世界全体では約50%と、男性の約75%を下回る。

女性の給与水準は男性と比べると低く、労働条件は劣悪で、昇進の機会も限られている。企業や政府で、指導的な地位に立つケースも少ない。女性経営者が率いる企業は、男性をトップとする会社よりも小規模で従業員も少なく、高収益な事業を手掛ける機会に恵まれていない。

次ページ女性の労働環境はまだまだ劣悪だ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。