記事広告アーカイブ

最適な顧客体験を提供する最強プラットフォーム

日本ヒューレット・パッカード
オートノミー事業本部

消費者が購買行動を決定する要因は何か。ソーシャルメディアなどによって、企業と顧客とのタッチポイントが増大し、複雑になっている中、マーケティングROIを高めるためには、より幅広い視野から顧客体験の最適化を図らなければならない。その一つの解が、ヒューマンインフォメーションの活用だ。

 

膨大なデジタルコンテンツが提供される今日、日本ヒューレット・パッカードのオートノミー事業部門は、データベースに蓄積された構造化データと、ソーシャルメディアやビデオ、音声、Eメールなどのヒューマンインフォメーションと呼ばれる非構造化データのあらゆる情報を活用可能にする最新技術を提供する。企業データの大半を非構造化データが占めるようになる中、それらヒューマンインフォメーションの活用を最適化し、マーケティング活動に役立て、収益向上を支援するソリューションに注力しているのである。

実際、オートノミー製品の国内導入実績は群を抜いており、同社はコンテンツ管理製品のユーザが中心に運営するユーザ会を毎年開催。最新の製品情報提供、最新事例紹介、デジタルマーケティングにおける人材育成をはじめとした最新トピックスについてのパネルディスカッションなど、多彩な活動を続けている。

そして、ウェブコンテンツ管理やマルチチャネル分析、リッチメディア管理を統合し、顧客体験を最適化する「マーケティングパフォーマンス・スイート」を提供。マーケティングに求められる各種KPI(クリック率やコンバージョン率の改善、顧客の維持率向上等)をサポートし、競争力ある顧客体験の提供と売り上げおよびロイヤリティ向上を推進する。また、顧客を理解するための継続的な取り組みとして、データ収集→蓄積・処理→維持・分析→理解・実行・活用といったPDCAサイクルにより、マーケティング最適化のライフサイクルを支援する。

顧客体験管理(CEM)により、企業の収益向上を図るソリューションの一つが「HP Autonomy Eコマースプラットフォーム」である。パーソナライズされた顧客体験を効果的に提供、管理し、Eコマースにおける目標の達成をサポート。たとえば、CEMを構成するマスターデータ管理システムとして、「TeamSite」はモバイル機器やEメール、ソーシャルネットワークなど、チャネルごとに最適化されたコンテンツを一元的に管理、配信できる。加えて、最新のマルチチャネルコマース・テクノロジー「hybris」と連携し、PIM(製品情報管理)を含むMDM(マスターデータ管理)とのインテグレーションや、顧客の関心や購買活動に基づく適切なコンテンツ配信が可能である。

資料請求
お問い合わせおよび関連記事
日本ヒューレット・
パッカード
オートノミー事業本部
WEBページはこちら
マーケティングは経営戦略そのものです
慶應義塾大学大学院
井上哲浩教授インタビュー
記事を読む