記事広告アーカイブ

顧客との絆を生み、心を惹きつける法則

サイトコア

消費者の意識が変わり、マーケットの構造が変わり、そして、企業と顧客との関係が大きく変わる。これまでの常識や手法が通用しなくなる中で、どこに手掛かりを求めればよいのだろうか。その一つのカギを握るのがパーソナライゼーション。顧客を惹きつける「おもてなし体験」の提供が価値を創出する。

 

サイトコアが提供するカスタマーエンゲージメントプラットフォーム「Sitecore CEP」は、ウェブサイトの構築・管理・運用をシンプルにするコンテンツ管理システム(CMS)と、ウェブサイトの解析・最適化ツールのデジタルマーケティング機能(DMS)を組み合わせ、顧客とのエンゲージ(絆)を生み、育てる基盤の役割を担う。

なぜ、ウェブサイトで顧客との絆を築くことが大切になるのか。それは、顧客の行動が変化し、店舗に行く前に、ウェブサイトで商品をあらかじめ調べて購買行動を決めることが多くなっているからだ。加えて、流通する情報量と消費される情報量の差が大きくなっており、顧客の心を惹きつけ、絆を実感できるウェブサイト作りが不可欠になる。

その手段の一つが、パーソナライゼーションである。サイト訪問者の属性(アクセスする国・地域や端末・アプリ)や行動履歴に合わせ、サイト上で表示するコンテンツや情報量を最適化する。

たとえばオランダの大手スーパーでは「Sitecore CEP」を導入し、ウェブサイト、EC機能、スマホ用アプリを一つのシステムに統合。商品やキャンペーン情報を各端末に反映させ、顧客との絆を深めるために役立てているという。また、国内のある脱毛専門サロンでは、オフラインの来店状況とオンラインの購入履歴を活用し、パーソナライズされた会員サイトできめ細かな情報を提供する

「Sitecore CEP」は、企業の顔となるウェブサイトの柔軟なデザインと簡単なコンテンツ編集を両立。公開ページのイメージを見ながらコンテンツを編集することができるため、作業の手間も少ない。しかも、多言語のコンテンツを簡単に作成、管理する機能によって、グローバルなウェブサイトの展開もサポートする。

さらに、タグ管理なしでパーソナライゼーションが設定できるうえ、ウェブサイト分析機能も一つのシステムに統合されているので、仮説・分析・アクションを素早く展開することが可能になる。こうした効率的なコンテンツ管理を通じて顧客の心を理解し、「おもてなし体験」を提供できるという。

資料請求
お問い合わせおよび関連記事
サイトコア
WEBサイトはこちら
マーケティングは経営戦略そのものです
慶應義塾大学大学院
井上哲浩教授インタビュー
記事を読む