17.5%!韓国大統領の支持率は過去最低に

選挙準備整わず野党は慎重姿勢

 11月2日、韓国の朴槿恵大統領の親友、崔順実氏の国政介入疑惑をめぐるスキャンダルで、与党セヌリ党は混乱しているが、大統領選挙の予定は来年12月だったため野党も準備が整っていない。写真は記者会見で謝罪する朴槿恵大統領。ソウルの大統領官邸「青瓦台」で、10月撮影。提供写真(2016年 ロイター/聯合ニュース)

[ソウル 2日 ロイター] - 韓国の朴槿恵大統領の親友、崔順実氏の国政介入疑惑をめぐるスキャンダルで、与党セヌリ党は混乱しているが、大統領選挙の予定は来年12月だったため野党も準備が整っていない。

世論調査機関リアルメーターによると、朴大統領の支持率は過去最低の17.5%に低下。検察当局は、崔氏が国政に影響を及ぼしたり、大統領との友人関係を利用して個人的な利益を得ていないかどうかを捜査している。

この問題が表面化して以来、野党は慎重な姿勢に徹し、朴大統領の辞職や弾劾要求を控えている。

大統領が辞職した場合、法律により60日以内に選挙を行う必要がある。アナリストによると野党は今のところ政権を担う準備ができていない。韓国政治アカデミーの金萬欽院長は「朴大統領が辞職すれば大混乱状態になる。誰もが1年間の選挙戦を念頭に置いていた」と述べた。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。