年末のホームパーティが成功する簡単なコツ

どんな料理を出せば、盛り上がるのか

ホストも一緒にホームパーティを心から楽しむために(写真:Fast&Slow / PIXTA)

クリスマス、忘年会に新年会など、秋から冬にかけては家族や友人と賑やかに過ごすイベントが盛りだくさん。ゲストを自宅に招いてのホームパーティを企画している人もいるのでは?そこで今回は、一般社団法人日本ホームパーティー協会代表の高橋ひでつうさんに、ホームパーティを成功させるためのコツについて聞きました。

ホームパーティでの料理の鉄則は

当記事はマイカジスタイル(運営:花王)の提供記事です

ホームパーティを楽しむ上で欠かせないのがお料理。大人数のゲストを満足させるためには、どんな料理を用意すればいいのでしょうか?

「料理の量はゲストの人数にもよりますが、前菜2、3品にメイン料理が1品、デザートが全員に行き渡るくらいあれば十分だと思います。

前菜は、ピンチョスなど手でも食べられるフィンガーフードがいいですね。お皿やお箸を使う機会が少ない方が、席の移動も気軽にできてパーティが盛り上がります。スペインバルのメニューを参考にしてみてください。

メインは、ローストビーフやアクアパッツァなど、大皿に映える”主役感”のあるものが定番です」。

不向きなのがスープなどの汁物。お皿のほかに深皿も必要になるため、ゲストの腰が重くなるだけでなく、洗いものも増えてしまいます。
ドリンクはスパークリングワインやジンジャーエールをシャンパングラスに注ぐなど、泡のあるものを選べば食卓が華やかになります。
次ページ「ポットラック」形式なら、ホームパーティがもっと身近に
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。