フィリピン大統領、2年以内の米軍撤退求める

軍事同盟見直しへ

10月26日、フィリピンのドゥテルテ大統領は、2年以内に外国の軍隊の撤退を求めると述べ、米国との軍事同盟は廃止か見直しを検討する考えをあらためて表明した(2016年 ロイター/KIM KYUNG-HOON)

[東京 26日 ロイター] - フィリピンのドゥテルテ大統領は26日、2年以内に外国の軍隊の撤退を求めると述べ、米国との軍事同盟は廃止か見直しを検討する考えをあらためて表明した。

訪日中の同大統領は都内で講演し「私は独立した外交政策を追求すると宣言した。おそらく2年以内に外国の軍隊はフィリピンからいなくなる」と述べた。

また先週の中国訪問について、安全保障ではなく経済問題に焦点を当たと強調した。

「中国訪問で焦点となったのは経済だったと強調しておきたい。兵器や同盟については協議していない」と語った。

日本は「古くからの友人で盟友」と指摘し、フィリピンは事業環境の改善に取り組んでいるとして日本企業に投資を呼び掛けた。

ヤサイ外相は記者会見で、フィリピンと米国の利益は一致すると述べ「現時点で合意を破棄する理由はない」と語った。

またドゥテルテ大統領の訪日は日本との戦略的関係の強化が狙いと説明した。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。