スケートアメリカ、宇野が自己ベストで優勝

4回転ジャンプ3本を成功

 10月23日、フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦、スケートアメリカはシカゴで男子フリーを行い、ショートプログラム(SP)首位の宇野昌磨が190.19点で1位となり、合計279.34点の自己ベストで優勝した(2016年 ロイター/Kamil Krzaczynski)

[23日 ロイター] - フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦、スケートアメリカは23日、シカゴで男子フリーを行い、ショートプログラム(SP)首位の宇野昌磨が190.19点で1位となり、合計279.34点の自己ベストで優勝した。

宇野は冒頭の4回転フリップを成功させると、4回転トーループ、4回転トーループ─2回転トーループのコンビネーションも決め、4回転ジャンプ3本を成功させた。

ジェーソン・ブラウンが合計268.38点で2位、アダム・リッポン(ともに米国)が合計261.43点で3位だった。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。